【節約】今月もお財布がピンチ?!浪費癖を治すためにできること

ライフスタイル

貯金をしようと思うのになぜかできない人がいます。気づくと収入を全額使ってしまい、生活をかなり狭めている人も中には存在しています。

普段、特別ぜいたくな生活をしているのかというとそんなことはなく、お金がないときは節約もできるのに、手元にお金があるとムダに使ってしまい結局貯めることができません。

「こんなことではいけない」とわかっているのにやめられない浪費癖は、治しておかないと将来後悔をすることになります。

今回は、浪費癖の原因や治し方、どうやったら節約できるのかご紹介します。

浪費癖は病気かも!?

 

浪費癖とは、たいした目的もないのにお金を無駄遣いする習慣のことです。

お金の主な使い道は、洋服や家電製品など緊急に必要というわけではない物の購入や、旅行や飲酒などちょっとぜいたくな行動、それから最も多いのがギャンブルです。

浪費癖があるかチェック!

まず、浪費癖があるかどうか、あなた自身のことをチェックしてみましょう。以下の項目に答えてみてください。

①よく衝動買いをする
②外食やデリバリー、外で飲むことが多い
③買っても使わないものがある
④よく自分へのご褒美に使ってしまう
⑤人にプレゼントするのが好き
⑥他人より高いレベルの持ち物(ブランド品、車など)を持ちたい
⑦ギャンブル(競馬、パチンコなど)が好き
⑧お金のかかる趣味がある
⑨ストレスが多い
⑩貯金しなくても大丈夫だと思っている

当てはまる項目が多いと・・・

YESの項目が多いと重度の浪費癖があると言えます。一人で克服しようとしても難しいところがありますので、家族や友人のサポートが必要不可欠になってきます。

浪費癖がつく原因は?

浪費癖の主な原因には、自身の性格や働いている環境にも影響していることが多いです。

日々のストレス

仕事で疲れ切っていたり誰かに怒られた日の帰りなどに、何かを衝動的に買ってしまったり、外食をしてお酒も飲んでしまったりという経験は誰にでもあると思います。

ストレスが溜まると「どーんとお金を使いたい」という欲求が出てきます。

たまにであれば良いのですが、大きなストレスもないのに毎回すぐそのような行動をとるようになってしまったら注意が必要です。

趣味を優先する

生活費を削って趣味にお金をつぎ込んでいる人をときどき見かけることがあります。また、課金アプリの流行でゲームに数十万円もかけるという人がいます。

もし生活費よりも趣味に使うお金を優先しているとしたら、すでに心身共にバランスを崩していると言えます。

お金の使い方に計画性がない

おおざっぱなタイプや楽観的な人は、たいてい計画をたてるのが苦手で、後先を考えずにすぐにお金を使ってしまいます。こういう人たちは、貯金をしなければいけないという常識がありません。

行き当たりばったりで今財布にあるお金を使ってしまうので、衝動買いも多くなり買ったあと精神的に後悔します。

ムダな見栄を張る

高級な服、時計などを買って身につければ、それを見て周りの人が褒めてくれたり認めてくれたりすると気持ちが良くなることでしょう。

また最近は、SNSで自慢したいだけで後先考えずに購入してしまう人もいます。

自分の生活レベルを超えた浪費を続ければ生活することなんてできなくなるのは当然、借金をする原因になってしまいます。

浪費癖を治すには?

 

浪費癖は習慣になっているので、きっかけが無ければなかなか治す気持ちにはなれません。そこで最悪の事態を想定し、治さなければ!と決心してから改善方法に取り組みましょう。

このままではどうなる?

浪費癖が原因でよくあるのが離婚です。浪費癖と言えば妻は買い物依存症、夫はギャンブルで、いずれも呆れて捨てられてしまいます。

いずれ自分の収入では生活費が足りなくなり、街金や消費者金融から借り入れをするうち多重債務に陥ることも十分考えられます。

浪費癖を治す方法

お金をかけたモノの収支を把握する

浪費癖のある人に共通するのは「何を買ったの覚えていない」ということです。そのため何を節約したらいいのかもわからないのです。

改善するには家計簿をつけることが必要です。しかし、いちいち書き込むのが面倒くさい方には最近出ている家計簿のアプリを利用すると、簡単に収支が把握できるのでおすすめです。

むやみにクレジットカードを持たない

クレジットカードを使い過ぎて今月の給料がほとんどない、現金で払えなくてクレジットカードで支払ってしまうという悪循環になる可能性も高くなります。

カードがないことにはすぐに慣れますから、衝動買いを抑えるためにもカードを持つのはやめましょう。

通販でムダなモノを買わない

浪費癖のある人はカタログを見ると何もかも欲しくなり、必要だと思い込むと後先考えず無駄な買い物をしてしまいます。

通販で何かを買うときは、1日以上期間を開けてから本当に買うかどうか再検討しましょう。

買い物リストを作る

計画性がなく、衝動買いをしてしまうのを防ぐためには、今自分が本当に必要なものだけを買うための買い物リストを作ることです

そうすることで必要か必要じゃないかの区別が簡単にでき、ストッパーのような役目を担えます。

浪費癖は気持ちひとつで治せる!

浪費癖はすぐに治るとは言えませんが、他の依存症に比べると比較的かんたんに治せます。

ストレスの矛先を買い物以外に見つけ、友だちとなるべく長い時間過ごしましょう。そして節度ある生活をしていけば貯金も少しずつ貯まります。

お金のある将来の計画を思い描くのは、とても楽しい作業です。ですが、魅力的な将来のために今の浪費を抑えることも必要な作業になってきます。

本記事を参考にして、周りの人にもサポートしてもらい少しずつ努力を重ねて浪費癖を治していきましょう。

The following two tabs change content below.
双海なつみ

双海なつみ

座右の銘は「一期一会」。わたしの記事とたくさんのみなさんが出会ってくれたら嬉しいなと思っています!Office Lady3年目です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。