妊娠中・妊活中に必須と言われている「葉酸」の基礎知識とその凄さとは!?

サプリメント・健康食品

緑黄色野菜やレバーなどに多く含まれている『葉酸』。有名な成分ではありますがそこまで認知されていないのも事実です。

この葉酸という成分が「妊婦」「出産」という分野に大きく関係しています。その重要性は大きく、厚生労働省から妊娠を計画している夫婦、妊婦に向けて摂取基準なども推奨されています。

あまり聞き慣れない成分かもしれませんが、その重要性基礎知識どうすれば効率良く摂取ができるかということをご紹介していきたいと思っています。

そもそもなんで「葉酸」なの?どんな効果があるの?

葉酸という成分は、水溶性のビタミンB群の一種です。どうして妊活中、妊娠中の方に良いのかという理由はいくつかあります。

根本的な部分で言うと、元気な赤ちゃんを出産するために必要な成分、ということになります。

具体的な部分で言うと「先天性疾患発症」という赤ちゃんの病気のリスクを減らすためです。この先天性疾患発症は、葉酸の欠乏が関係していると言われています。

そして、2つ目は母体の健康状態の維持の向上というところです。赤ちゃんはもちろんのこと、お母さん自体にも栄養を補給しないといけないという時に頼りになるのが「葉酸」なのです。

葉酸を摂取しておくべき時期とは?

葉酸は「妊活中」「妊娠中」「産後」全てにおいて必要な成分と言われています。中でも赤ちゃんの命がお腹の中で芽生える時期から、発覚するまでの期間はとても重要とされています。

そして妊娠発覚から3ヶ月までの間は葉酸を「400μg(0.4mg)」摂取しておいたほうがいいと厚生労働省から推奨されています。

最初にお話したようにどの時期であっても重要な成分ではありますが、この期間では率先して摂取するようにした方がいいでしょう。

葉酸を効率良く摂取するためには?

葉酸を推奨されている分だけしっかりと摂取したいところですが、それが結構大変。緑黄色野菜のほうれん草でいうと「4束」くらいは食べないといけなくなります。

そんなときに役立つのが『サプリメント』です。お腹の中で赤ちゃんに栄養を、お母さんにも栄養を補給するために葉酸を含んだサプリメントがたくさん販売されています。

先程お話した摂取目安を考えてサプリメントを選ぶことをオススメします。

赤ちゃんを健康体で産むためにも「葉酸」は大事!

妊娠前も妊娠中も産後も、とても身体はナイーブな時期です。母子ともの健康体でいるためにも必要な成分はきちんと摂取しておくようにしましょう。

昔に比べて今ではサプリメントも豊富、食材も簡単に手に入れることができます。みなさんも安易に考えず、食べ物なども注意してみてくださいね。

食品、サプリメント関連の記事はモデセンス内にたくさんあります。そちらの記事なども目を通してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
双海なつみ

双海なつみ

座右の銘は「一期一会」。わたしの記事とたくさんのみなさんが出会ってくれたら嬉しいなと思っています!Office Lady3年目です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。