結婚式に着ていくべき服装とは?あなたはファッションマナーの知識はありますか?

ファッション

20歳を超えると何かと多くなってくるのが結婚式。職場の人、ましてや古くからの友達の結婚式となれば心からお祝いしたいですよね!

しかし、ここで注意しておかないといけないことが結婚式のマナーです。意外と知らない人も多く、結婚式場で白い目で見られたら恥ずかしいし、新郎新婦に合わす顔がない……。

そうならない為にも基本的なマナーは知っておきましょう!今回はファッションの部分でご紹介していきますのでみなさんあらかじめメモのご用意をお願いします!

あなたの服装は大丈夫?

ただなんとなく綺麗に……ドレスのようなワンピを着ていけばなんとかなる……と思っているそこのあなた!色やデザインなどは大丈夫ですか?

意外と知らない結婚式のファッションマナーをここで今一度確認しておきましょう!

白系のドレスはダメ!?

花嫁の人が着ているドレスを思い浮かべてください。最近では奇抜なウエディングドレスもありますが、基本的には白だと思いませんか?

そうです、白は花嫁の人用となっているのです。オフホワイト、ベージュやペールピンクなど、トーンを抑えめのものも照明によっては白く見えてしまいます。

なるべく色味のあるもの(紺などが無難)にしましょう!

普通のワンピ、柄物などもダメ!?

普段着っぽく見えてしまうワンピース、柄ものなどは避けるべきデザインです。二次会ではOKですが、披露宴パーティなどでは控えるようにしましょう。

もちろんキャバ嬢系もNG!

背中や胸元が大胆なキャバ嬢系ドレス、ワンピもNGです!親族や会社関係の人も同席する場ではマナー違反となるので注意しましょう!

ファーが付いているものもNG!

ファーは動物を殺傷してつくられている、という部分から結婚式ではふさわしくないとされています。会場まで付けていきクロークに預けるのはOKです。

黒のドレスもNG!?

黒は不祝儀を連想してしまうのでシンプルな黒のドレスはNGです!リボンやレースなどで装飾されているものは大丈夫なのでデザインを見て選びましょう。

バイカラーもNG!

シンメトリー、アシンメトリーに限らずバイカラーは色が「別れている」もの、というところから結婚式では良くないとされています。しかしこれは日本で特に多い考え方のようです。

基本的なファッションマナーを熟知できましたか?

日本特有のものもあれば世界的にマナーと考えられているものがあります。今ではナイトウェディングなどもあるみたいなのでその都度合わせて着ていくようにしましょう。

しかし、基本的な部分は変わらないことが多いので『無難』なものを一着用意しておくと良いでしょう。

ファッションに関する記事や、コーデ集など、他にもモデセンス内では取り上げられています。ためになる記事が多いので他の記事も是非チェックしてみてくださいね!

The following two tabs change content below.
酒井由紀

酒井由紀

元モデルで現在は一児のママをこなしながらフリーでファッション、コスメ、美容全般のライターをしています♡ 以前の仕事でたくさんの人と繋がり、美容に関する情報を入手しやすいので、良き情報をみなさんにお届けできたらと思っています♡ 自分磨きで女子力アップを目指しましょう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。