その脱毛ちょっと待った!知っておきたいVIO脱毛の基礎知識

ムダ毛処理

VIO脱毛ってどこのことをいうの?ハイジニーナとの違いは?


Vライン:ビキニラインにあたるところ
Iライン:膣から肛門にかけて
Oライン:おしりの穴のまわり

全部でVIOという名称になります。
ハイジニーナとはVIO脱毛のことであり、意味は同じです。
「衛生的:hygine(ハイジーン)」が言語の由来のようです。
いわゆるデリケートゾーンとはVIOのことですね。

VIO脱毛のメリット

自己処理から解放される

自己処理のわずらわしさから解放される!これは言うまでもないですが…Vラインの自己処理はできても、Iライン、Oラインを自己処理できますか? なかなか自分ではできないですよね。しかも、自己処理を繰り返すと、そのたびに、かゆみやヒリつきも付きまといます。数日経って毛が伸びだしてきた不快感は、本当につらいですよね。

さらに、自己処理を繰り返せば、肌も荒れて炎症したり、色素沈着もしやすくなったりと、ひとつもいいことはないんです。VIO脱毛をすれば、自己処理後の不快感からも解放されますし、自己処理に無駄な時間を費やすこともないんです!

処理忘れや人目を気にしなくてよくなる

海やプール、海外のリゾートはすごく開放的になって楽しいですよね! そんな楽しい場面で、もし自己処理し忘れてしまったら…かわいい水着は布の面積が少なくて、もしかしたらはみ出してない?!なんて気にしてたら、思いっきり楽しめないですよね。

または、直前に自己処理をして炎症してしまうと、海水でヒリつく…なんてことになってしまうかもしれません。他には、大好きな彼といい雰囲気になった時に、デリケートゾーンのケアをしてなかったら…彼の反応が心配!恥ずかしいし、気になって仕方なくなっちゃいますよね。でも、しっかりVIO脱毛をしていれば、そんなハラハラとは無縁になります! いつでも安心して、海やプールや彼とのラブラブな時間を楽しむことができますよ!

デリケートゾーンの臭い、ムレが気にならなくなる

デリケートゾーンがちょっと臭うかも…ショーツの中がムレて気になる…そんな経験ありませんか? 臭いやムレの一因は、デリケートゾーンの太くてしっかりた毛。太くて濃い毛が密集して生えていることで、湿気が逃げにくくなったり、雑菌がたまりやすくなります。毎日ちゃんとお風呂に入って、体を洗っていても、毛に汚れが絡まって残りやすいんです。

特に不快なのは、生理中ではないでしょうか? 生理中はナプキンを使用していると、いつもよりも蒸れやすくなりますし、何かと憂うつですよね。今では通気性の良い商品もたくさんありますから、それによってずいぶん快適になりましたが、それでもカブれてしまったり、蒸れてしまったり…悩みが改善されないという方もいらっしゃいますよね。さらに毛の根元に血液が絡まりやすくなるので、衛生的にもよくありません。

http://mode-sence.com/2018/01/12/post-1003/

VIO脱毛のメリットとは?なんでこんなに人気ある?


デリケートゾーンの脱毛はとにかく快適です。
ムダ毛の処理を自分でやっていたり、I、Oラインは危なくてできなかったりして、不快感もありましたが、今は自分のVIOに自信がもてますので、すごくメンタルな部分でもいいです♪

◉トイレの後も清潔!
◉毛が濃くてそれがコンプレックスだったので、コンプレックスから開放されて、超やってよかった!
◉やっぱりビキニラインがボツボツブツブツしているのがずっときになっていた。案外安かったので思い切って脱毛してよかった。
◉蒸れて痒くなったり、そった後の時みたいにチクチクしない!とにかく快適!
◉生理の時にほんとーーに清潔ですっきり!肌荒れもしないし、いいことづくめ。
◉出産した時に結構毛が生えていると、クリニックではずかしいと友人にきいて、出産前にすませておこうと思った。
◉彼ができて、初Hの時に恥ずかしくなくなった。以前はちょっと濃かったので結構恥ずかしかった。
◉とにかく楽!もうアンダーの処理を考えなくていいので、春夏秋冬、旅行もプールも関係なし!
 
 
The following two tabs change content below.
高島桐乃

高島桐乃

アラサー主婦を極めているネコ好き女子です。 「お肌」に関することなら任せてください!高価なものを買わずに自分でできることはたくさんある!そして意外に簡単にできる!ということをみなさんに知ってもらいたい! そんなことを思いながらつらつらと書かせていただきます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。