美容院でのヘアカラーなら安全?知らないといけない注意点があるって本当!?

髪・頭皮

昔に比べて髪の毛を染めるというのは一般的になってきましたが、みなさんはヘアカラーの注意点や安全性に関しては理解していますか?

その人の頭皮の状態、髪の毛の状態、髪質、アレルギーなどに関しても知っておかないといけない部分はたくさんあるのです。何も知らないでなんとなく染めていると後で大変ことになってしまうケースも……。

今回はヘアカラーの注意点、もし自分がこういう体質だった場合はこうゆう対処法を、などをご紹介していくので是非参考にしてみてください。

ヘアカラーの知っておいたほうがいい注意点とは?

自宅でも美容院でもそうですが、ヘアカラーをするときに少しツンとしたニオイがしますよね。そして「少しヒリヒリするかも……」というふうに思った経験がある人もいると思います。

それには色々とわけがあり、注意しないといけない点もあるのでそのことを順に説明していきたいと思います。

一般的なカラー「アルカリカラー」とは?

美容院でしているカラーで一番一般的なのが「アルカリカラー」、髪の毛にあるキューティクルという部分に色素を入れていき、髪の毛が染まるという原理になっています。

このアルカリカラーは髪の毛を傷めてしまいます。その髪に毛に入れたい色が明るくなればその分ダメージも増えてしまうということになります。

アルカリカラーのデメリットはあるの?

アルカリカラーには「ジアミン」という成分にアレルギー反応が出る体質の人がいます。そのアレルギー反応こそが「少しヒリヒリする……」に繋がってくるのです。

頭皮はデリケートな部分でもあります。今までにアレルギー体質と言われたことがある人はあらかじめ注意しておくことが必要です。

ヘアカラーしたいけどトラブルが不安な人は必見!

トラブルを防ぐためにしておいたほうがいいこと、美容師さんにお願いしたほうがいいことをご説明していきます。

シャンプーをしてもらわずヘアカラーをしてもらう

シャンプーをすることで頭皮にある皮脂が少なくなってしまうので頭皮がヒリヒリしてします原因になります。頭皮の皮脂はお肌を守るバリア機能があるので実は無くてはならないものなのです。

頭皮にはカラー剤をつけないでもらう

頭皮がヒリヒリしてしまうのはカラー剤は付着しているから、ということは髪の毛の根元から少しだけあけてカラー剤をつけてもらえばヒリヒリすることは防げます

しかし、きちんと綺麗に染めることができなくなるので、見栄えを気にする人にはオススメできない方法になっています。

美容師さんに保護液をつけてもらう

頭皮がヒリヒリしないように保護液というものがあるので、それをつけてもらう方法もあります。一番安全ではありますが別途料金が掛かってしまう、そして美容院によっては置いてない場合があるので事前に調べておく必要があります。

事前にアレルギーのチェックを!

何も考えずにヘアカラーをすると頭皮がヒリヒリしてしまう、そして酷い場合はお肌が荒れてしまう場合もあります。

私の知人もカラー剤でアレルギー反応をおこし、耳まで荒れてしまっていた人がいました。そうならない為にもアレルギーのチェックは事前にし、心配であればそうならない為にも美容師さんに相談するようにしましょう。

モデセンス内では『美』に関しての記事を多く取り上げています。他の記事も是非見てみてくださいね。

The following two tabs change content below.
双海なつみ

双海なつみ

座右の銘は「一期一会」。わたしの記事とたくさんのみなさんが出会ってくれたら嬉しいなと思っています!Office Lady3年目です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。