フランス人はファションにお金を掛けない!?真似するべき「身の丈」ファッションとは!

ファッション

フランス生まれのブランドと言えば「LOUIS VUITTON」「CHANEL」「HERMES」などなど高級ブランドを思い浮かべますよね。

私自身もフランス人は高級ブランドを身にまとっていて、少し高飛車なイメージがありました。しかし、実際は違ったのです。

フランス人のファッションスタイルは「お金を掛けない」「身の丈に合ったスタイルをする」というのが基本的な部分であるのです。

今回はタイトルにもなっているフランス人のファッションについてご紹介していきたいと思います。

フランス人のファッションスタイルを学ぼう!

ロンドンファッションといえば奇抜なイメージではありますが、フランスのファッションはとてもシンプルで日本人も上手く取り入れることができると言われています。

そんなフランスファッションの定番アイテムをご紹介していくのでみなさんのコーデにも取り入れてみてくださいね。

シンプルワンピ

カラーは黒、白、グレーなどのモノトーン系のアイテムを好んで持っています。色味で遊ぶよりも、アクセサリーや足元などで雰囲気を変えてコーデを楽しむスタイルが主流になっているそうです。

ボーダーアイテム

ボーダーシャツ、Tシャツなどがとても人気でフランスの老舗ブランド「SAINT JAMES(セント・ジェームス)」は定番アイテムとなっています。

スケータースカート

タイトミニスカートと違ってフレアースカートなので履き心地も良く、カラーもシンプルなものを好んで履くようです。

スキニージーンズ

日本でも定番になっているスキニージーンズ。これもまた足元で遊ぶ為にデザインはシンプルなものが多く、デニムや黒を好んで履いている人が多くいます。

スニーカー、バレエシューズ、パンプス

フランスの人たちは基本的にヒールは履きません。黒のバレエシューズやパンプス、スニーカーだとシンプルにコンバースなどを履いている人が多くいます。

シームレスブラ

カップに継ぎ目のないブラ。トップスやアウターに響きにくいのでフランス人たちのインナーとしてとても人気があります。

黒ジャケット、白シャツ、黒レギンス

シンプルな黒のジャケット、白シャツ、黒のレギンスはフランス人の定番アイテムです。このコーデを使ってアクセや足元で少し崩す、といったコーデが主流となっているようです。

シンプルが基本!カラーは3色まで!

フランスのファッションの基本となっているのはシンプルということ。カラーも3色以内に抑え、色のトーンなどを合わせてコーディネートしている人がほとんどです。

私のイメージとは真逆と言っていいほどのフランスファッション。ブランド物をたくさん持つどころか奇抜で派手な格好もあまりしません。

ましてや普段ではヒールも履かないと聞いたときはビックリしました。日本のファッションにも十分取り入れられますし、とても参考になることばかりだと思います。

色のコーディネートにとらわれていた方がいたら、一度シンプルにしてみてフランスファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
酒井由紀

酒井由紀

元モデルで現在は一児のママをこなしながらフリーでファッション、コスメ、美容全般のライターをしています♡ 以前の仕事でたくさんの人と繋がり、美容に関する情報を入手しやすいので、良き情報をみなさんにお届けできたらと思っています♡ 自分磨きで女子力アップを目指しましょう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。