美肌効果のある飲み物とは?身近なアレを飲むだけで誰でもぷるぷる肌に!

スキンケア

最近テレビやネットで、美容や健康に良いと言われる飲み物がたくさん紹介されています。

もちろん健康であることは大前提ですが、今回は特に「美肌」に注目してみました。美しい肌になるためには、そして美しい肌を保つためには、どんな飲み物を飲めば良いのでしょうか。また、飲むタイミングにルールはあるのでしょうか。

今回は、美肌効果が期待できる飲み物について見ていきましょう。

そもそも肌荒れの原因って何?


誰でも肌荒れに悩んだ経験はあると思います。いつの間にか出来ているニキビや吹き出物ですが、まず原因を探ってみましょう。

一番は睡眠不足などの不規則な生活習慣です。食事も不規則な時間に食べていたり、ろくに食べていなかったりと、多くの負担がかかっています。体内の状態が乱れてしまうと、肌の調子にも影響してくるのです

自律神経の乱れ

自律神経が乱れることによって起こる症状のひとつに、肌荒れがあります。自律神経の乱れによるストレスや体調の変化は、皮脂の分泌が増えることに繋がります。

皮脂の分泌量が増えると、皮脂の中に含まれる菌が紫外線に反応し、活性酸素を作ります。活性酸素は肌を老化させるので、肌のバリア機能は低下して、炎症を起こします。つまり、自律神経が乱れると皮脂の状態が悪化し、ニキビや吹き出物ができてしまうのです。

子どものニキビは油分と水分のバランスを整えてあげればすぐに治りますが、大人のニキビは薬で治してもまたすぐにできてしまいます

食生活の乱れ

食生活というのはその人が毎日積み重ねている生活の中で起こっていることなので、肌荒れが治らずに悩んでいる方は食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

牛乳や乳製品

牛乳や乳製品は、日頃摂取している方も多く、以外に思われるかもしれませんが、こういった食品はニキビを増やしてしまうことがあります。

砂糖

これは、体内にある美肌に欠かせない物質と、摂取された砂糖が結びつくと糖化が起こり肌にシワなどが増えていきます

ソーセージやハム

肌は、肝臓で解毒することできなかった毒素を出すところです。ソーセージやハムを食べると、中に含まれている脂肪・砂糖・アルコールが肝臓で解毒しきれずに余って、あごのニキビになりやすいと言われています。

野菜や果物の少ない食事

野菜や果物には繊維が含まれています。繊維を摂らないと便秘がちになり、老廃物が体内に残ることで肌が汚くなっていきます。腸の調子が悪いときに肌荒れを起こしやすくなる経験は誰しもあるところでしょう。

セルフケアをしていない

セルフケアをしないでいることも肌荒れの原因になるので、常にお手入れをしてあげましょう。

それから外出するときにノーメイクでは、紫外線をもろに浴びることになります。美肌の一番の敵は紫外線ですから、ちょっとの外出でも日焼け止めやファンデーションを塗るように心がけましょう。

また1日の終わりにはメイクをしっかり落として、疲れた肌を化粧水や乳液、美容液で整えましょう。皮膚がすっかり入れ替わるまでの期間をターンオーバーと言いますが、このターンを短くして新陳代謝を高めることで美しい肌を保つことができます。

ニキビ予防には肌を清潔に保つことが大事ですが、洗顔後は必ず水分を与えて保湿をすることを忘れないでください。

美肌になるにはこれ!おすすめの飲み物

それではいよいよ、美肌になるためにおすすめの飲み物をいくつか紹介していきます。

ミネラルウォーター

肌が一番欲しているのは水分ではなく「水」そのものだということを知っていますか。お茶やコーヒーはそのままでは肌の水分にはなれません。一度体内でこして、「水」に変えてから肌へ補給されるのです。

つまり、ミネラルウォーターを摂れば、こさなくてもそのまま肌に補給できるというわけです。さらにミネラルの中には顔のむくみを取ってくれるカリウム、腸内環境を良くするマグネシウムも入っているので、より一層肌に良いといえますね。

お茶

日本人なら毎日必ず飲んでいるものと言えばお茶でしょう。中でも緑茶はエイジングケアには欠かせない飲物となっています。抗酸化作用のあるカテキン、メラニン色素が作られるのを防いでくれるビタミンC、肌のたるみを防いでくれるビタミンEが含まれています。

どくだみ茶はニキビ・アトピー・アレルギーなどの肌トラブルを改善する効果があります。これは、どくだみの葉に含まれるフラボノイドの成分が老廃物の排出を助け、新陳代謝を高めてくれるからです。

烏龍茶には肌を保湿しアレルギーを抑える働きがあります。良い肌作りに欠かせないビタミンCと、抗酸化物質であるポリフェノールが入っています。

豆乳

豆乳は肌荒れや生理不順に良い飲み物です。大豆イソフラボンは、エストロゲンという女性ホルモンの代役を果たしてくれるので、血行が良くなり肌のハリを生み出し、美肌を保つことができます。さらにバストアップも期待できますから、女性にとっては最高ですね。

また豆乳にはビタミンB群、ビタミンEが含まれています。ビタミンEは活性酸素を抑えるので、シミやくすみやそばかすの発生を防いでくれます。

トマトジュース

トマトに含まれることが知られているリコピンは、酸化した細胞を元通りにしてくれます。その力は、ニンジンに含まれるベータカロテンの2倍、ビタミンEの100倍もあります。

肌が酸化すると、チロシナーゼというメラニン色素を作る酵素が活性化するので、紫外線を浴びることで黒ずみやシミができてしまうのです。またリコピンは、生のトマトよりもトマトジュースの方が効果的に摂取することができます。

各種栄養ドリンク

多くの化粧品会社から肌に良いとされる栄養ドリンクが販売されています。これらは、値段もピンキリなら中身も多種多様ですから、具体的にどういう効果が期待できるのかはきちんと調べて飲む必要があります。

美肌効果をさらにupさせる為に


ここで、美肌効果をもっと上げるために大切なことを考えてみましょう。飲み物を飲む時間、飲み方によって、美容効果が変わるのです。これは知っておかなくてはなりません。

常温か温かいものを飲む

飲み物は常温で、または温めて飲みましょう。冷たい飲み物を飲むと血行が悪くなります。逆にホットで飲むと、血管が広がることで血行・新陳代謝が良くなり、肌荒れ予防の効果が期待できます

また、温かい白湯はデトックス効果があります。朝起きてすぐ、コップ1杯の白湯を飲みましょう。

夏はどうしても冷たい飲み物を飲みたくなりますが、冷たいものは内臓に負担をかけ、身体を冷やし過ぎてしまいます。美容のためには常温で、冷やすときも11~15度程度にしましょう。

少しずつ飲む

美肌効果をもたらす成分は、だいたい3~4時間で排出されます。つまりまとめて飲んでも意味がないのです。ですからいっぺんにたくさん飲むのではなく、ちょこちょことこまめに分けて飲む方が良いのです。口の中が乾かない間隔で飲みましょう。

飲み過ぎない

いくら身体に良いからと言っても、飲み過ぎてはいけません。豆乳にはカロリーがありますし、お腹がゆるくなってしまうこともあります。お茶やミネラルウォーターを多めにして、組み合わせて飲んでください。

お酒やカフェインは控える

美肌に良い飲み物を飲んでいても、同時にお酒やコーヒーを飲み過ぎると、せっかくの効果が台無しになってしまいます。お酒もコーヒーも1日1~2杯にとどめておきましょう。

いつも飲んでいるドリンクも少しの工夫で美肌効果を得られる!

誰でも普段から飲んでいるもので十分に美肌効果を期待できることがわかりましたね。飲むタイミングや賢い飲み方を心がけるだけで、美しい肌を手に入れることができるのです。

健康な人ならば、1日に2~3リットルの水分が何らかの形で排出されています。ですから、その分を補わないと、血液がドロドロになったり、栄養を肌へ運ぶことができなかったりして身体も肌も乾いてしまいます。

その結果、肌荒れやシミ・くすみが出てしまうわけですね。モデルは常に水のペットボトルを持ち歩いてちょこちょこと飲んでいます。良いことはどんどんマネをしましょう。

The following two tabs change content below.
ModeSence編集部

ModeSence編集部

当サイトModeSenceへお越し頂きありがとうございます! 女性による女性の為の楽しく勉強になる情報を配信していきます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。