恋愛の仕方を忘れてしまった!行動する前に読んでおくべき恋愛マニュアル 

占い

あなたが何歳でもどんな環境でも、恋愛はいつも新鮮な気持ちで始まります。ワクワクドキドキも必ずありますし、相手の気持ちを知りたくて眠れぬ夜もあるはずです。

しかし、仕事が忙しかったり、年齢的にも無理だろうな……と恋愛に少し遠のいてしまっている人は多いのではないでしょうか。

恋愛が苦手な方、億劫だと感じてしまっている方、恋愛の仕方を忘れてしまった方、そんな皆さんの為に、新しい恋愛を始めるにはどんなことしたら良いのかを紹介していきます。

恋愛をする準備をしましょう!

 

仕事は楽しい、プライベートも充実している、でも恋愛はしていない、そんな人たちが今急増しているのです。

それどころか、10代のころのような「好き」という感情すら思い出せない人もいるほどです

「好きになるって何だったっけ……」そんな感情を思い出すために、まず恋愛をする準備から始めましょう!

常に笑顔をキープ!

恋愛を始める準備運動としておすすめなのは「笑顔」です。笑顔でいると、男性は1.5倍、女性は2倍もナンパされる確率が上がるというデータもあります

さらにその笑顔であいさつをしたり、会話の中でも笑顔でいるように心がけると、相手も笑顔を返してくれたり、心の中も見せてくれることでしょう。

「少しずつ」自信をつけていく!

恋愛の仕方を忘れてしまった、私なんかが新しい恋愛なんてできない、のようにマイナスなことばかり考えている人は自信が無くなっている人と言えます。

少し髪型や化粧を変えてみる、などだけでも自分の自信につながってくるのです。少しずつプラスの考えを持つようにしましょう。

少し見方を変えてみよう!

人は誰でも自分の価値観があり、それを基準にしています。

しかし、恋愛でも人間関係でも、その価値観が邪魔をして、出会いのチャンスや恋の予兆を見逃してしまっていることもあるのです

どういった点に注意したら良いのでしょうか。

既成概念をなくす

「どうせ私みたいな女は誰も寄り付かない」「どうせイケメンはモテてるから浮気をする」などの『どうせ』という発想をやめましょう。

決めつけるのをやめる

「恋愛を面倒なものだと考えている」「理屈で考える自分は恋愛はできないタイプだ」などと相手や自分を決めつけてしまい、出会いを遠ざけてしまいます。

価値観を大きく曲げる必要はありませんが、人は氷山の一角のように隠れた一面もあるということも認識しましょう。

恋愛で悩んだときはどうしたらいいの?

 

恋愛の準備をしているとき、付き合い始めたけど長く続くかな……、などと悩んでしまった場合は、誰かのアドバイスを参考してみましょう。

人は悩んでしまっていると周りが見えなくなってしまうこともあります。そんなときに相談することで新しい新鮮な意見を取り入れることができるのです!

仲の良い友達に相談してみよう!

自分が恋愛から遠ざかっているとき、仲の良い友達に相談することで「恋愛をしていた過去の自分」を思い出させてくれるかもしれません。

また友達がしている恋愛を聞くことで、自分の恋愛に活かすこともできるのです。

信頼している家族に話してみる

恋愛の悩みを家族に相談するのは恥ずかしいかも知れませんが、幼い頃から知っている家族だからこそわかることがあるのです!

あなたのちょっとした変化に気づいたり、親身になって相談、応援をしてくれるのは家族だけなのです。

恋愛のプロ「占い師」に相談する

知り合いに相談することにどうしても抵抗があるなら、占い師に相談するのも1つの方法です。

占い師はあなたを客観的に見てアドバイスをしてくれるので、悩みをストレートに相談できるかも知れません。

一般論も話してくれますし、知識も豊富な占い師だからこそ、自分にとって為になるアドバイスをしてくれるはずですよ!

少しの気持ちの切り替えで新しい恋愛を始めてみよう

今回紹介してきた恋愛を新しく始めるための心構えについては、ほんの一部になります。

新しい恋愛を始めたいと思っているのであれば、本記事を参考に少しずつ気持ちの切り替えをしていってください

何かを変えていく努力は必要になりますが、いきなり大きく変わろうとして空回りしないように注意してくださいね。

失敗しないよう誰かに相談することも大事です。今では占いに頼っている女性もたくさんいるので、自分なりに一歩一歩進んでみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
ModeSence編集部

ModeSence編集部

当サイトModeSenceへお越し頂きありがとうございます! 女性による女性の為の楽しく勉強になる情報を配信していきます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。