彼がなかなかプロポーズしてこない!男性の心理とは?

ライフスタイル

付き合ってしばらく経つのにプロポーズしてくれない彼。気になるのは、将来に向けた彼の気持ちですよね。

男性も女性も結婚したいと思う年齢がそれぞれにあって、そのときちょうどつき合っている人と、良いタイミングで結婚するというのが一般的です。

あなたとのことは真剣だけれど、まだ結婚する気はないだけなのか、あなたは単に遊び相手と思われているのか、知りたいけれどこちらから聞くことはなかなかできません。

そんなとき、男性の態度や言葉から本心が見抜けたら良いですよね。それからあなたのひと押しでプロポーズをしてくれるなら、そんな作戦も立てたいところです。

今回は、なかなかプロポーズをしてこない男性はどんなことを考えているのか、その心の中をのぞいてみましょう。

結婚しない男性の本音は

「家を継ぐ」必要がない

自営業の人だけでなく、サラリーマン家庭でも、ひと昔前までは名前や家を承継する者として長男・二男と順位がつけられ、女子しか産まれないと養子をもらったりしていたのです。

今はもうそんな縛りはなくなりました。実家を離れ、上京して暮らしていれば家を継ぐことも名前も継ぐこともまるで意味はありません。

ある程度の年齢になったら身を固め実家の家を引き継ぐ、という責任もなくなったのです。

お金を使いたくない

いつも趣味や呑みに使って貯金が少ない彼は仮にあなたと結婚したくても現実的に言い出せないのかもしれません。

結婚すると、今まで自分のためだけに使うことができた給料で、家族を養っていかなければなりません。さらにその前に、2人で住める家も探さなければなりませんし、引っ越しにもお金はかかります。

まだ遊びたい

まだ遊び足りない、まだ1人の女性だけに決めたくない。不特定多数の女性とも楽しく遊びたい、と思っている人もいます。オールナイトで遊ぶことも、不規則な生活を送ることも、自由に選びたいのです。

遊ぶ場所が増えたことも原因の1つでしょう。女性との新しい出会いも、SMSでかんたんにできてしまいますね。

仕事が忙しい

これは今も昔も変わりありませんが、働き盛りの20代〜30年代は、会社でこき使われますし、自分の事業をやっていればなおさら休む間も無く働いています。

昔は仕事が忙しくても、親や世話焼きな親戚の仲立ちでお見合いをし、数回会った程度で結婚を決めていました。結婚は、しなければいけないことだったからです。

結婚のイメージに男女でズレがある


あなたは、そろそろ付き合っている彼と結婚したいと思い、プロポーズを待っています。そして明るい家庭を築き、子供を産み、仕事も続けたいと考えています。そのイメージは、彼も同じように持っていると言えるでしょうか。

付き合ってから結婚するまでの期間

女性は、付き合い始めて1〜2年でプロポーズされることを期待していますが、男性は年月ではなく機が熟したら、と思っています。

第三者から「いつ機が熟すの?」と聞かれても「さあ…」という返事しか返ってきません。男性自身にもわからないのです。

男性は女性より子供っぽく、自分のことしか考えられない人が多いので、自分が納得して結婚しよう、と思うまでは焦ることもなく、相手の年齢を考慮することもないのです。

結婚する意味

女性は、一般的には結婚したら苗字も環境も親戚も変わり、自分という人間がガラッと変わるイメージを持っています。生まれ変わるほどの気持ちでいます。

それに対して男性は、家のことをやってくれたり自分の身の回りの世話をしてくれたり、そして夜も相手をしてくれる女性が身近に来てくれるという都合の良いイメージしかありません。

覚悟を決めてプロポーズを待っている女性に比べ、男性はあまり真剣にとらえてはいないのかも知れません。

プロポーズの意味

プロポーズのシチュエーションは、女性にとって、想像するだけでもワクワクするものです。雑誌やネットでいろいろなパターンを見ては、自分に置き換えてうっとりすることもあるでしょう。

ところが男性は、うっかりすると「言葉にしなくてもわかるだろう」くらいにしか考えていないのです。結婚することは重要だけれど、プロポーズの言葉なんてどうでもいいと思っている人は少なくありません。

男性に結婚を決意させよう!


結婚やプロポーズを重視していない彼に、ロマンティックなプロポーズをさせるにはどうすれば良いでしょうか。待っていても無駄です。積極的にアピールしていきましょう。

友達の結婚を話題にする

あなたの友達が受けたプロポーズの様子を、うっとりと話しましょう。うらやましい気持ちが伝わるように話し、友達のご主人をべた褒めしてみましょう。何か感じてくれるはずです。

ついでに結婚してからの友達のノロケ話にうんざりしたことや、彼女がご主人に尽くしていることなども話題にしてみましょう。

手料理を食べてもらう

男性の胃袋をつかむと強い、とは昔から言われていることです。一緒に食事をするなら、ときには家に招いて手料理を食べてもらいましょう。

職場にお弁当を届けたり、手作りのバースデーケーキやバレンタインチョコレートを贈るのも効果的です。もし料理が苦手なら、苦手なりに心を込めて作り、それを伝えれば十分です。

彼の好きな家庭料理を聞いて一所懸命作ってみましょう。それだけでも彼は結婚を意識してくれるかも知れません。

ライバルの存在をほのめかす

彼の他にも男友達がいることを、さりげなく話しましょう。そこで大切なことは、今は目の前の彼との方が親しいことは伝わるようにします。

その上で、他の男性から誘われることもある話や、幼なじみの男性とのことなども屈託なく話してみましょう。彼はあなたを取られるかも知れないと、急に焦ってプロポーズを考えるかも知れません。

マメに連絡する

しつこくなく、返信を求め過ぎず、こちらからラインを送りましょう。今何をしていた、明日の予定はこんなだ、体調はこんな感じ、程度の短い文で一目で読めるように気を遣ってください。

返信がなくても「おやすみなさーい!また明日!」と切り上げます。相手の行動を詮索しないことも大切です。一方通行覚悟でちょこちょこと連絡するうち、連絡のない日には、彼が気にするようになるでしょう。

彼のお財布を気にする

ご馳走してもらうとき、あまり高いものを頼まないようにしたり、タクシーで帰ろうと言われても「もったいないから電車で帰らない?長く一緒にいられるから」と言ったりして、使い過ぎを心配してあげましょう。

経済観念のある女性だなと、妻にしても安心して任せられると思われたら良いですね。

言葉のプロポーズを求めない

これまでの話とは矛盾しているようですが、実際にはっきりとプロポーズをしたという男性は半数以下しかいません。それ以外の人達は、どちらからともなく自然に決め、結婚したと言うのです。

ちょっとガッカリな事実ですが、プロポーズをしなかったこと・されなかったことを後悔している人もあまりいません。意外過ぎるプロポーズよりも、自然に心が通い合うことの方が素晴らしいことなのです。

結婚したかったら自分から動こう!

プロポーズをしてこない男性の心理状態がわかったら、プロポーズをしてもらうためにはあなたから動くことが大切だとわかりましたね。迷っているときに背中を押されると、男性は歩き出すことができますから。

昔と違って、今は結婚したからと言って女性が相手の親のいる家庭に必ず入るわけではありませんし、お互いにそれほど大げさに身構える必要はありません。

それでも男性は、結婚するからには一生家族を守り食べさせて行かなくてはいけないと覚悟を決めるわけです。

ですから女性は、男性にプレッシャーをかけないように、自分もサポートしていくから2人でがんばろう、2人で一緒に歩いて行こう、と態度や言葉で伝えることです。

そしてもうひとつ大事なことは、いつプロポーズされても良いようにいつも自分を磨いて、素敵なあなたでいることです。きっと彼からのプロポーズは近いことでしょう。

The following two tabs change content below.
ModeSence編集部

ModeSence編集部

当サイトModeSenceへお越し頂きありがとうございます! 女性による女性の為の楽しく勉強になる情報を配信していきます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。