三吉彩花がインスタにアップしたくびれ画像がすごいと話題に!くびれを作る方法とは?

エンタメ

身長171cm、股下85cmと身長の半分が足の三吉彩花ちゃん。バツグンのスタイルの彼女が、インスタグラムで美しいくびれを披露し話題になっています。

インスタのコメントには、「なにそのクビレ!」「ほっそほっそほっそ!!!なんか前よりくびれができた気がする!!すごい」と賞賛コメントが寄せられています。

そんなスタイル抜群の彩花ちゃんですが、過去にダイエットに失敗した経験があり、スタイル維持にはとても気を使っています。

ただ体重を落とすだけでは綺麗なボディラインは手に入りません!今回は彩花ちゃんのような綺麗なくびれを作るポイントを紹介します!

理想的なくびれのバランス

三吉彩花ちゃんは食事制限したダイエットを行い、体重は落とすことができたのですが、過去に違う方法でダイエットを行ったところ体型がガリガリになってしまい周囲から心配されたそうです。

過激なダイエットをして体重を落とすだけでは綺麗なくびれはできません。では、綺麗なくびれとは一体どのようなものをいうのでしょうか。

くびれの黄金比率とは

美しいくびれはヒップとウエストの差によって生まれます。そのバランスは、ウエストとヒップの割合が3:7が黄金比率といわれています。

ヒップが88cmであればウエストが61cmくらいになれば、グラビアアイドルのようなバランスの健康的なくびれになります

ただし日本人には難しい

この「3:7」の黄金比率はアメリカの大学の研究で出された数値になるのでもともと骨盤が下がり気味の日本人はヒップが欧米の人に比べると小さいので、かなりウエストを絞らなければこの黄金比にするのは難しいといわれています。

外国人のようなきれいなくびれを日本人でもつくるにはどうすれば良いのでしょうか?

くびれを作る方法

 

日本人でも綺麗なくびれを作れる方法をご紹介します。簡単な運動を続けることでくびれができますのでぜひチャレンジしてみてください。

くびれの作り方①腹斜筋を鍛える

ウエストを絞るためには腹筋を鍛えることが大切です。しかし、普通の腹筋運動を続けていてもウエストはくびれません。

お腹の筋肉は、腹直筋・腹横筋・腹斜筋から成り立っています。普通の腹筋運動を続けて効果が出るのは、腹直筋です。腹筋運動を続けるとおなかが割れてきますが、くびれてはきません。くびれを作るためには腹斜筋を鍛える運動が必要です。

斜め方向への腹筋運動をする

普通の腹筋にねじる動きを加える方法なので、道具は必要ありません。

横になり普通の腹筋をする時に、膝の方に片手をのばします。右手を前に出す時はその右手が左ひざの外側にくるようにしてねじりながら腹筋すると腹斜筋に効果があります。

フラフープで腹斜筋を鍛える

フラフープを使いインナーマッスルの強化、代謝アップ、骨盤矯正などの効果が期待できるトレーニング方法です。

一日10分を目安に行ってください。フラフープは腹斜筋を鍛えるだけでなく、有酸素運動でもあるのでウォーキングを同じようにカロリーを消費することもできます。右回しと左回しの両方をバランスよく行ってください。

子供のころは簡単だったフラフープも大人になってやってみるとけっこう難しいです。最初は落としながらでいいので10分、音楽を聞きながらできるのでやってみましょう。

くびれの作り方②ヒップアップ

くびれはウエストとヒップの差で綺麗なラインが生まれます。

日本人はもともと骨盤が内に入り気味なので、きゅっとあがったヒップラインになるようにトレーニングするだけでウエストの印象が変わります。また、足を長くする効果もあります。

うつ伏せ運動

自宅でできる簡単なエクササイズ運動になります。

うつ伏せになり両肘をつき、上体を起こし顔を正面に向きます。そのまま膝を90度に曲げ足を持ち上げますが、このとき背筋も使い反らすような感じで行ってください。

片足5秒キープで下ろすときはゆっくり下ろし、交互に20回ずつ繰り返しで鍛えます。

バーベルスクワット

上級者向けのトレーニングですが、ジムのバーベルを使ったスクワットです。肩にバーベルをのせながらスクワット運動するので効果は高く、1日10回3セットが目安になります。

正しい姿勢でおこなえていなければ腰痛の原因になり、効果もありません。必ず初めて行う時はトレーナーについてもらい、フォームをチェックしてもらいましょう。

くびれの作り方③食事管理

運動の効果をより高めるためには食事にも気遣いましょう。

筋肉が付きやすくなる食事

筋肉を作るためにはたんぱく質が必要です。たんぱく質はたまご・牛乳・鶏肉から取ることができます。その他に、運動の後にプロテインで摂取する方法もあります。最近ではベリー味など飲みやすいものもたくさん出ています。

筋肉がつくと脂肪の燃焼しやすい体になるので太りにくい体質にもなります。

むくみにくい食事

体がむくんでいても体型が悪く見えます。むくみの原因は塩分の取りすぎとカリウム不足です。味の濃い食事、塩分の多いものは控えて、ホウレンソウやアボカドなど野菜をたくさん摂取しましょう。

あなたもショート丈のTシャツが着れるくびれを!

ただ、食事制限や何も考えていない運動をしただけでは美しいくびれを手に入れることはできません。

また、体脂肪を減らしつつくびれをつくるには日頃の正しい運動やエクササイズ、食事管理なども積み重ねることが必要になってきます。

三吉彩花ちゃんのような美しいくびれを手に入れるためには、腹筋をつけて、ヒップのラインも整えることが重要です!

あなたも彩花ちゃんのように、短い丈のTシャツからくびれをのぞかせれるようにトレーニングしてみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
酒井由紀

酒井由紀

元モデルで現在は一児のママをこなしながらフリーでファッション、コスメ、美容全般のライターをしています♡ 以前の仕事でたくさんの人と繋がり、美容に関する情報を入手しやすいので、良き情報をみなさんにお届けできたらと思っています♡ 自分磨きで女子力アップを目指しましょう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。